福島県「ふるさと・きずな維持・再生支援事業」

第8回「SORAのきずな2017」勉強会

 

犬も高齢化の時代。医療の進歩、食生活の改善、室内飼育の広がりなど、犬が人間と暮らす環境も良くなり、家族として人と暮らしている犬は長寿化が進んでいます。犬の平均寿命は14〜15歳(人間の約72歳~76歳)とも言われます。近年、「老人ホーム」同様に「老犬ホーム」の施設数も増え、犬を施設に預けたり、介護のために仕事を辞める方もいます。犬も高齢になれば、人間と同じように、心臓や神経、関節に障害が起こり、介護の必要な状態になります。
この勉強会では、今、愛犬とどのように接し、どのような対策をしていけば介護予防となるのかを知り、犬と共に人も健康に暮らすためのコミュニケーション方法についても学んでいきます。
 

開催要項

開催日 平成29年9月2日(土)

場所 道の駅「安達」智恵子の里 下り線 屋外特設テント内

定員 30名

参加費 無料

講師

JAPANペットケアマネージャー協会 ドッグリハビリトレーナー 長谷川美穂氏
福島警察犬学校 Fukushima Dog Base わんぱくズ校長 後藤 啓寿氏

スケジュール
14:00 受付開始
14:30 「介護にならないための予防法」
15:30 「ドッグトレーナーによるドッグコミュニケーション検定」
16:00 終了

募集チラシはこちらから

参加に関しての注意事項
※犬と一緒に参加の場合は、SORAスタッフの指示に従ってください。当日、ワンちゃんの体調・状態によりスタッフ判断で参加をご辞退していただく場合もございます。
※排泄物処理用具を持参し、各自責任を持って処理を行ってください。建物への排泄は絶対にしないようにしてください。
※狂犬病予防接種、フィラリア予防をしていない犬は参加をお断りします。なお、当日参加同意書を受付で記入していただきます。
※飼い主の不注意での人や犬への損害は、SORAでは責任を負いかねますのでご注意ください。

参加応募方法 下記フォームよりお申し込みください

主催 特定非営利活動法人SORAアニマルシェルター

応募フォーム

募集は締め切りました


ページのトップへ