東日本大震災に起因した東京電力福島第一発電所事故直後、住民が避難しそのまま取り残されてしまった犬や猫の救出活動からSORAアニマルシェルターの活動が始まりました。私たちは被災した家族と動物たちが離れ離れになっていった過程やそのときの気持ちを知るにつれ、被災した家族のためにも動物たちを守っていきたいとの思いが強くなりました。
あれから時がすぎ、シェルターの役割も被災動物の保護のみならず、無責任な飼い主による飼養放棄や捨て犬・捨て猫の遺棄など求められる役割は多岐にわたっています。あの大震災を経験した私たちは、経験したからこそできることをもっとたくさんの人にしてもらいたいと思っています。
『日本一、世界一楽しいシェルターにしよう』SORAアニマルシェルターは、会員・ボランティアさんとともに日々活動を続けています。

ページのトップへ